横浜トライアスロン フランスチーム応援



2020年 東京オリンピック・パラリンピック トライアスロン

富士河口湖町・鳴沢村はフランスチームの事前合宿地に!!

5月12日 横浜トライアスロンでフランスチームの応援 横浜トライアスロン

オリンピアン,

代表をかけて、熱い戦いが繰り広げられ,選手の躍動感を身近に感じてきました。

オリンピックでは、スイム1.5キロ、バイク40km,ラン10㎞:合計51.5㎞のスタンダードディスタンスと呼ばれる距離で行われ、競技時間は約1時間50分です。

エイジグループと呼ばれる年代別(5歳刻み)カテゴリーの世界選手権では、70歳代から80歳代をこえる日本の選手が活躍しており、幅広い年代の人々が楽しめる生涯スポーツとして楽しめます。

パラトライアスロンは、スイム0.75㎞、バイク20㎞、ラン5km、総合距離25.75kmの合計タイムを競います。

スイムからバイク、バイクからランに移り変わる「トランンジション」にかかった時間も合計タイムにふくまれます。

障がいの種類と程度でクラスわけががされ、そのクラスごとに競技を行い順位を競います。障がいの種類によって、大きくは「シッティング〈座位)」「スタンディング(立位)」「ブラインド(視覚障がい)」の3つにわかれます。

引き続き選手の応援していきます。



0回の閲覧