この時期むくみとランニングケア

この時期、私自身もエアコンによる手足の冷えや、運動後のむくみが気になるため、

セルフトリートメントやストレッチがかかせないのですが!!

この時期に、むくみを感じたことがある人も多いかと…(つд⊂)

むくみって辛いものですよね。体は重く感じるし、なんとなく動きにくい、体に痛みを感じる方もいらっしゃるかと思います。

どうして体はむくむの?

むくみのメカニズムはこうです。 私たちの体の60パーセントは水分で構成されています。 その水分は細胞の中に存在するのですが、細胞以外の場所に存在する水分は、細胞に水分や栄養分を送る、老廃物を除去した後心臓へ、そして心臓から全身へと送られるというように体の中をめぐっていきます。 しかし、この循環がうまくいかなくなると「むくみ」になっていくのです。

むくみはなぜ起こる?

むくみは肥満と勘違いされやすいですが、指で押してみてへこみができればむくみと言われています。

よくむくみが出やすい場所は、足や顔など。

女性の場合は、女性ホルモンの分泌などで血管が拡張されることも原因のひとつといわれています。

また、足のむくみは一般的に、立ち仕事やデスクワークなど同じ姿勢をとり続けることで起こる血行不良が原因の場合が多く、顔のむくみは、皮下組織に水分がたまることで起こりやすくなるとされています。

水分を摂ることはとても大切ですが、取りすぎた翌朝にむくみがよく見られます。アルコールの摂りすぎもむくみの原因になりやすいので注意が必要です。

これは血液の循環が悪くなっている証拠。 身体がきつく感じるのは血液循環の悪さから、心臓に負担をかけている可能性があります。 では、血液循環をよくするために、ランニングを取り入れるのはどうなのでしょうか。

むくみの解消にランニングを取り入れてみる 実は、むくみの解消にランニングを取り入れるのは足のむくみには効果的!

しかし、かえってむくみがひどくなってしまう原因とは、筋肉が疲労をしてしまっているから。

筋肉に疲労を感じると、筋肉には乳酸が溜まります。 この乳酸、筋肉を硬くし、その結果、血管まで収縮してしまうことにより血液循環がうまくいかなくさせてしまうのです。

ランニングで筋肉を酷使することによってむくみが起きていたのです。

むくみを解消するためには 一刻も早くむくみから解放されたい!

むくみは体の中に水分が溜まっているからだ、ということで水分摂取を控えるのはかえってむくみを長引かせてしまいます。 まずはしっかり水分を取るべきです。

水分をとることで代謝は上がります。しかし、がぶがぶ飲むのではなく1口を5分に1回飲む感じです。 もちろん、運動、ランニングも効果的です。 しかし、ランニングの前後でストレッチをしましょう。 ストレッチをすることで体が温まり、代謝を上げ血液循環を促します。 急に運動をランニングを始めると筋肉が硬直してしまうので必ずストレッチを

して、夏のenjoyしましょう

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square