眠れない夜🌛おすすめ🌿




ピーターラビットに登場するカモミールはジャーマン?

それともローマンカモミール?


ピアトリクス・ポターの「ピーターラビットのお話」(初版1902年)には、

お母さんがピーターにカモミールティーを飲ませる場面が描かれています。

ここで疑問に思うのが、カモミールはジャーマンなのか?ローマンなのか…?

単にカモミールといえば日本ではカミツレ(加密列)という和名と共に親しまれているハーブであり、ラベンダーと並ぶほどポピュラーな存在でもあります。


一方で、イギリスでカモミールといえばローマン、煎剤を胃腸の不調や就寝前のリラクセーションにもちいることもあるため、ローマンかもしれませんね。

私はカモミールジャーマンが好みですが、

ローマンは苦みが少し気になるので、ミルクティーにした楽しんでいます。

ジャーマンカモミールは、

フラボノイド

(アピゲニン、ルテオリン) マトリシンなどが含まれます。


精油成分には、

α-ビサポロール,カマズレンなど、消炎、鎮静、鎮痙、駆風などの作用が有名です。


ローマンカモミールの成分はカマメサロイド、タンニンなどが含まれます。


精油成分では、

アンゲリカ酸エステル、

α-ピネン、β-ピネンなど

消炎、鎮静、鎮痙、消化促進作用があります。

女性特有のトラブルにもよく、月経トラブルやイライラんもいいです。緊張やイライラを取り除くので、安眠作用も期待できます。



ローマンカモミールは精神面💗への働きかけに優れた精油

ジャーマンカモミールは体🧘

特にアズレン誘導体(カマズレン)を含むことから皮膚疾患やアレルギーケアに役立つと考えられているため。

カモミールジャーマンの精油は

「カモミール・ブルー」や

「アズレンブルー」と呼ばれるインクのような濃い青色をしていることが特徵。



この色の元となっているカマズレンに優れた働きが期待されていることから、

香りはローマンのように万人受けするとは言えないものの、スキンケア系化粧品原料もしくは手作りコスメ用として注目されています。


肌にも落ち着かせる働きがあり。炎症や肌荒れを抑え 、肌を落ち着かせます。

肌や頭皮に保湿作用もあります。


私は外での活動で赤み(日焼けの鎮静)ほてった肌や眠れない夜のおたすけとして手放せないハーブ&精油です。🌿


#ハネノビ

#富士河口湖

#カモミール

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square