マスクによる肌荒れの原因と対策

外出の際の必須アイテムとなったマスク。肌荒れ、ムレ気になる(つд⊂)




しかし、これからの季節は梅雨...しかも私は敏感肌…。

ただでさえ肌トラブルが多いこの季節なのに、

マスクによる肌荒れが気になる方も多いかと

肌荒れの原因と対策!!

○摩擦

マスクと肌がこすれあうことで生まれる摩擦トラブル。

顔の肌はとても薄く、少しの摩擦だけでもトラブルの原因になります。

普段のお手入れから「保湿」を心掛けて肌本来のバリア機能を高めておきましょう。

○多湿

マスクをしていると吐いた息によりマスクの中の湿度は外気よりも高い状態となり、細菌が好む環境になるため、皮脂を餌とするニキビ菌も増殖しやすく、肌が荒れる原因に。

定期的にマスクを浮かせてマスク内の湿気を逃がしたり、コットンに化粧水を浸し、やさしくふき取ると良いでしょう。


100円ショップでも手に入るミニボトルなどに化粧水をいれておくと便利です。

○汚れ

マスクの汚れとはマスク内側に付いた、皮脂、メイク料、汗、呼気(唾等)などがあります。

そういった汚れが付着した状態でマスクを長時間使用し続けることは肌にも当然良くありません。


できれば、一日の中でも数回取り替えたいところですが、まだまだマスクが品薄な今は最低でも1日使ったら交換するようにしましょう。


洗って再利用する場合は洗剤のすすぎ残しにも注意してくださいね。

☆肌の調子が良くないとき、一番良いのが「何もしないこと」です。


ポイントは、荒れて弱ってしまった肌を刺激しない「スキンケア」と「保湿」です。

☆お湯などで優しく洗顔


顔を洗うときには、手で優しく洗い、

洗顔料を使わずお湯だけで洗うことも有効だということです。


◎シンプルな方法で保湿を


化粧水が染みる場合にはシンプルにクリームやワセリンだけで保湿することを勧めています。

より効果的に保湿するには、クリームを額やほお、あごに乗せ、額やほおは横に、口元は上から下の方向にほうれい線に沿って優しくなじませるといいということです。

◎自分に合ったマスク選びを


自分にあったマスクを選ぶことも大切で、不織布だけでなく布やウレタンといった素材や、耳が痛まないよう幅の広いひもがついたものを着けたり、工夫してみたり


側頭部(頭やヘットマッサージ)もみ)もみほぐしてもよいかも


ポイントとしてあげられているのが、

◎マスク装着前に保湿クリームなどのスキンケアを行う、

◎口まわりの汗や汚れをこまめに拭き取る、

◎やさしく洗顔し清潔に保つ、

◎保湿を常日頃から心がけることなどです。


まだまだマスクを手放せない日々が続きますが、肌トラブルだけではなく熱中症リスクも高まるこれからの季節は、マスクの着用を避けた方が良い時もあり、厚生労働省からも屋外で人と十分な距離を確保できる場合にはマスクを外すよう呼びかけがされています。

「移さない、移らない」工夫をしながら、マスクとうまく付き合っていきましょう♪


はねのびでは、フェイシャルコースをウイルス対策として中止させて頂いておりますが、


ヘットマッサージ、お顔のほぐしなども、ご用意しております。


気になる方はご相談くださいね


hanenobi watnabe







特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square