top of page

リンデン 季節を知らせる香り

生活の中で季語的な香りは2種類あると思います。


一つは「季節を知らせる香り」で、

もう一つは「季節を感じさせる香り」です。



季節を"知らせる"香りは不意に香り、

嗅覚を通して気付かせる印象にあるもの。


例えばスーパーに並び出した

初々しい苺の香りや、散歩していると

どこからか香る金木犀の香りだったり。


景色がその季節に突入するより

若干ハッとさせられるものがあります。



世界をキラキラさせる陽射しと、

初々しい緑が麗しい季節が楽しみですね。


ハネノビのおすすめアロマブレンド


菩提樹(リンデン)の小花が香る、

新緑の晴れやかなフローラルシトラスの香り。



リンデン【菩提樹(ボダイジュ)】は、

ヨーロッパでは6~7月にクリーム色の

可憐な小花を咲かせ甘く爽やかな香りを漂わせる樹木。


その香しい香りは蜂蜜の蜜源としても重宝されてきました。

花や葉っぱはハーブティーとしても利用されます。ヨーロッパでは古代から聖木とされ、「相思相愛の木」などと呼ばれることもあります。


●主な使用精油:リンデンブロッサムAbs.、サンダルウッド、ジャスミンサンバックAbs.




アロマトリートメント

スポーツアロマのコース際に、お選びいただけます。


☆こちらはなくなり次第終了となります。



通常コースは

アロマの香りはお好みや体調にあわせて

調合いたします。


Comments


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square