top of page

暑い季節のアロマ活用法


夏の暑さを軽減してくれる

おすすめのアロマ




35度以上の猛暑日を記録する日も

少なくない日本の夏。

こうした夏の暑さには、

清涼感のあるアロマがおすすめです。


ペパーミント

ハッカ


清涼感のあるアロマと言えば、

ミントを思い浮かべる方も多いかと。

中でも「メントール」を主成分とする

「ペパーミント」と

「ハッカ(二ホンハッカ)」は

特に人気です。


メントールには、冷感作用があります。

神経を刺激し“体温が下がった”かのように

感じさせてくれる働きです。

暑さにやられてやる気が出ない日も、

ハッカやペパーミントの香りを嗅ぐことで、

すっきりリフレッシュすることができます。


ちなみに、鼻はメントール成分を最も敏感に感じ取ることができる部位と言われています。香りを嗅いで楽しむ方法は、とても理にかなっているのです。




夏の暑さを軽減するためのアロマの使い方

スプレーを作れば、

屋外でも気軽にリフレッシュ

できます。


ハンカチなどに1滴だけ垂らして、

リフレッシュしたい時に香りを嗅ぐ

という方法も簡単でおすすめです。



夏の疲れやダルさ解消に

おすすめのアロマ


暑さからくる体の疲れやだるさも悩みのひとつですよね。夏は暑さそのものにやられてしまうだけでなく、

冷房による冷えや室内と外の気温差からくる

身体の不調、食欲不振など悩みは尽きません。


そんな夏バテには、

リラックスさせてくれるアロマや、

胃腸の働きをサポートしてくれるアロマがおすすめです。


ラベンダー

カモミール

ネロリ

ジュニパーベリー

グレープフルーツ

ベルガモット


フローラルの香りやウッディな香りは、

心を落ち着かせてリラックスさせたい時に

よく使われます。

夏バテした身体を癒したい時にもぴったりです。

食欲がなくなってきた時は、柑橘系のアロマがおすすめ。食欲を刺激すると同時に、消化機能の働きをサポートしてくれます。


この2つを併せ持つのが「ネロリ」。

ビターオレンジの花から作られるアロマで、

フローラルの香りの中に柑橘系のフレッシュさを感じることができます。暑さで疲れを感じた時は、ぜひ試してみてください。


夏バテや夏冷えを解消するための

アロマの使い方

夏バテによる食欲不振や夏冷えを軽減したい時は、マッサージオイルでマッサージしてみましょう。おなかまわりや首・肩まわり、むくみが気になる太ももやふくらはぎなどもおすすめのマッサージポイントです。



【作り方】


1.50mlのキャリアオイルを用意する


2.最大10滴(1滴=0.05ml)まで、

エッセンシャルオイルを加えて混ぜ合わせる




夏のニオイケアにおすすめのアロマ


汗をたくさんかく夏は、自分の汗のニオイも気になります。通勤や買い物のわずかな時間でも汗をかいてしまうので、ケアに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そんな汗のケアに役立つアロマをまとめました。


ペパーミント

ラベンダー

ローズマリー

ゼラニウム


汗をケアしたい時は、抗菌作用のあるアロマがおすすめです。特におすすめなのが、ハーブ系の香り。不快感を軽減してくれると同時に、気持ちを落ち着かせてくれるので、汗を気にし過ぎてしまい、かえって汗をかいてしまうという方はぜひ試してみてください。


ハーブ系の香は男女共に人気ですが、

実際に汗のケアとしてアロマを使う時は、

一度香りがきつくないか確かめてから使いましょう。

電車やオフィスなど人のいるところで使う場合は、

香りがきついと不快感を与えてしまいます。


夏のニオイケアのためのアロマの使い方

気になる汗のニオイは、アロマのボディミストで対策しましょう。こちらも作り方をご紹介します


【作り方】


1. 20mlのフローラルウォーターを用意する

2.エッセンシャルオイルを1滴加えてよく混ぜる


フローラルウォーターとは、

植物からエッセンシャルオイルを抽出する時に出る水分です。わずかですがエッセンシャルオイルの成分も含まれており、スキンケアやボディケア用品に活用されています。


作ったボディミストは、清潔なタオルに吹きかけて汗を拭く、たっぷり手に取りパッティングするなどして使います。

ラベンダーのフローラルウォーターやオイルを使うと、

この後ご紹介する日焼け対策にもなるのでおすすめです。


日焼けのケアにおすすめのアロマ


うっかり日焼けしてしまった時も、アロマでアフターケアをすることができます。

日焼けのケアは、炎症を抑えてくれる「抗炎症作用」や「消炎作用」があるアロマを使います。


ラベンダー

カモミールジャーマン

カモミールローマン

ローズマリー


日焼けのアフターケアとして一般的なアロマは

「ラベンダー」です。

日焼けによる炎症を抑えてくれると同時に、

皮膚の再生を促してくれたり、シミやシワなどの原因になる活性酸素を消してくれたりするので、日焼けのアフターケアには欠かせないアロマとなっています。


日焼けのアフターケア用アロマの使い方

日焼けした部分が熱っぽい時は、

冷やすケアからはじめます。


氷や冷水を入れた容器にオイルを3~5滴垂らしよく混ぜましょう。一度タオルを浸し、軽く絞って、日焼けした部分に当ててください。しばらくすると自然と熱っぽさが引いていきます。


また、オリジナルのクリームでケアする方法もあります。


【作り方】


1.ミツロウ3mlとキャリアオイル15mlを

湯煎で混ぜ合わせる


2.容器に移し、フチが白く固まりだしたらエッセンシャルオイルを3~4滴加える


3.全体を混ぜ合わせる。放置して固まったら完成


使用するキャリアオイルは、保湿成分の高いホホバオイルやスイートアーモンドがおすすめです。顔や腕など、気になる部分に重点的にケアしてみてください。


寝苦しい夏の夜におすすめのアロマ


夜になっても気温が下がらない熱帯夜は、

寝苦しさを感じることも多いと思います。

エアコンや扇風機などを使って寝室を涼しくするのと同時に、アロマの香りでリラックスできる環境を整えてスムーズな入眠をサポートしましょう。

しっかり睡眠がとれれば、夏バテ予防や疲れの解消にも繋がります。

睡眠時には、以下のようなアロマがおすすめです。


ラベンダー

スイートオレンジ

イランイラン

シダーウッド


これらのアロマは、リラックス効果の高いアロマとして

知られています。

このリラックス効果をより高めるためには、自分の好みの香りを選ぶことが大切です。


どれだけリラックス効果が高くても、苦手な香りだと落ち着けません。自分に合った香りを選ぶことで、本当のリラックス効果が発揮されます。


夏の夜を快適に過ごすためのアロマの使い方

寝室でのアロマの使い方は、いろいろな方法があります。

最も簡単な方法は、まくらやまくらカバーに1滴垂らすだけ。アロマの香りにつつまれて、自然とリラックスできるはずです。


また、アロマランプを使用する方法もおすすめです。

電気の熱でアロマを温め拡散させ、

寝室の照明代わりにもなります。


寝る時は暖かい色の明かりの方が

リラックスできるでしょう。




今回ご紹介したように、

アロマはさまざまな

夏のお悩みやトラブル解消に役立ちます。

自分の好みの香りを探したりして、

夏のアロマ生活を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ブレンドしたり、楽しみ方も広がります。


ぜひこの機会に試してみてください。




Comentários


特集記事
最新記事
アーカイブ