背中の筋肉の過度な緊張がハリやコリの原因に!


正しい姿勢とは、


横から見たときに耳・肩・腰・くるぶしのラインが一直線になっていること。

確認しづらい場合は、壁に後頭部、肩甲骨、お尻、かかとをつけて立ち、腰と壁の隙間に手を入れてみてください。

手のひらをちょうど差し入れられる程度の隙間なら正しい姿勢です


壁に背中をつけて、腰と壁の間に手の平が1枚ぶんくらいのスペースが空いているのが正常なんですが、それ以上だと反り腰の可能性が高いですね。

腰痛持ちの人なんかは、壁に背中をつけてチェックしてみるといいかもしれません。

『自分は猫背だと思っていたのに、実は反り腰だった』なんてことが結構あるんです。





ちなみに、なかには猫背と反り腰の複合型の人もいて、肩こりと腰痛のダブルパンチに悩まされる恐れもあります


反り腰の人に共通して見られるのが背中の筋肉の過度な緊張だ。背中の筋肉が骨盤に引っ張られることで常時負荷がかかり、硬くなってしまうのだそう。

骨盤の過前傾が悪化すると、股関節のジョイント部分が詰まったような状態になります。


すると、脚を動かしにくくなったり、股関節に痛みが発生することがあるんです。さらに、膝小僧のあたりが内側に曲がった状態(いわゆるX脚)になって、膝痛まで発生してしまうことも。

背中の筋肉全体を伸ばすだけでなく、股関節を伸ばすことでジョイント部分の詰まりも改善できます。これは反り腰だけではなく、猫背の人にもおすすめしたい万能エクササイズです。体のラインが整うので、体型が改善されますよ。


デスクワークや同じ姿勢など長時間での作業や、家事、育児のお疲れなど


お体の緊張といてリラックスしてみませんか?










特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square