12月のお休み日⛄冬のおつかれにオイルトリートメント❄️

はねのびにお立ち寄りいただき

ありがとうございます。


日ごとに朝晩の寒さがましてきましたね🎄

みなさまいかがお過ごしでしょうか?


2020年は時の流れが、

あっという間と感じた方も

長く感じられた方も

今年もうカレンダーがあと1枚





12月のお休み日

17(木)24日(木)

年末年始31日~2日 予定となっております

5日(土)10日(木)14時~22時(最終受付20時)

他日程は通常営業


2021 年始の営業は3日 13時から営業しております。






冬に気をつけたい“冷え”

冬は温度の低下、湿度の低下、暖房による室内の乾燥によって肌は過酷な環境にさらされています。


12月から1月の年末年始にかけては、特に公私ともに忙しくなる時期でもあります。


忙しさによるストレスや寝不足はもちろん、

暴飲暴食も身体にとってはストレスです。

こうした生活リズムの乱れもまた、冬の肌荒れを引き起こす原因となります。


汗や皮脂などの分泌機能の低下、肌の表面温度が下がることによる血行不良、生活リズムの乱れなどが冬の肌を過酷な状況に

また、冬は寒さから肌の表面温度が下がり、血行不良を起こしやすい環境です。


そのため、肌に充分に十分な栄養を届けることができないことも、肌荒れの原因につながります。


栄養が届かないと、新陳代謝が乱れて老化が加速します。また、肌の潤い成分も新陳代謝によって作られるので、肌の乾燥にもつながります。



冷えと肌の関係

冬は気温が低下するため、身体が冷えやすくなります。

冷えと肌はあまり関連がないように感じるかもしれませんが、実は乾燥だけでなく冷えも肌のために気にしてほしいポイントです。


栄養や酸素は毛細血管を通じて肌に届けられます。また、二酸化炭素や老廃物も毛細血管で回収されます。


健康的な肌ではこの血液循環がスムーズに行われています。


身体が冷えると血行が鈍くなりやすいため、酸素や栄養が充分に肌に行き届かないうえに、二酸化炭素や老廃物もたまりやすくなってしまい、むくみを招く要因になります。


また、血色が悪くなってしまったり、肌がくすんで見えてしまうことがあります。


また、気温が低くなると、皮脂の分泌も落ちてしまいます。


肌表面には皮脂膜があり、皮脂膜は肌を守る役割をしています。

そのため皮脂の分泌が少なくなると、肌の守りがゆるんでしまい、乾燥しやすくなります。


実は肌に影響してしまう“冷え”の対策もしたいですよね。

冷えの対策には、血液循環をよくすることが重要です。


そこでオイルを使ったマッサージでむくみ冷え、乾燥

肩こり、腰痛などなど今年の疲れを撃退!!



ふくらはぎがパンパンに張って、靴下の跡がくっきり…という方も多いのではないでしょうか。

むくみが続くと、ふくらはぎや太ももの脂肪の蓄積につながってしまう可能性も😭


そんな時は、オイルを使ったリンパマッサージを取り入れて、スッキリとした足を取り戻しましょう。


夕方になると気になるのが足のむくみ。


そんな時は

オイルを使ったリンパマッサージを取り入れて、スッキリとした足を取り戻しましょう。



リラックス効果を誘う香りのものまでさまざまな種類がありますので、お好きな香りからオイルを選んでも良いですね◎


オイルを使ってマッサージをすることで、肌の刺激となる摩擦を軽減してくれます。



セルフオイルマッサージも香りをたのしみながら


マッサージをすると血行がよくなり気分がすっきりします。

摩擦による負担を抑えるために、美容オイルやマッサージクリームを使って優しく行うことをおすすめします。 美容オイルやクリームですべりをよくすることで肌を傷つけずにむくみ乾燥予防になりますよ。


ハネノビでは

セルフトリートメントの方法やアロマオイルを

はご紹介させていただいております。




特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square