風邪ウイルスに負けない体づくりにハーブ☆アロマ。

特に乾燥が進む季節は風邪をひきやすいので、風邪ウイルスに負けない体づくりを。


ハーブの持つ薬効は、古くから日々の体調管理や感染症対策に活用されてきました。

ハーブには種類によってさまざまな効能があり、抗菌作用や免疫力を高めるものがあります。



ハーブの使用方法と主な効果


エキナセア ハーブティ

抗菌、抗ウイルス、免疫力アップ


エルダーフラワーハーブティー

発刊、利尿、抗アレルギー


ローズヒップハーブティー

ビタミンC補給、免疫力アップ


ジンジャー

(ハーブ、スパイス、精油)

消炎、血行促進、発刊


レモングラス

(ハーブティー、ハーブ、スパイス、精油)

抗菌、消火促進


ペパーミント

(ハーブティー、ハーブ、スパイス、精油)

発刊、消炎、胃のもたれ


ティートリー(精油)

抗菌、抗ウイルス



具体的な活用法

ハーブティー

ハーブの有効成分は水に溶けるため、飲んだ後時間が経てば尿として排出されます。


そのため一度に大量に飲むのではなく、数時間ごとに飲むのが有効です。


※そのままで飲みにくい場合は、ハチミツ等を加えてもいいですね。


作り方


温めたポットにドライハーブをティースプーン1~2杯(約2~3g)入れる。

熱湯(200ml)を注ぎ、ふたをして3分ほど置く。

温めたティーカップに茶漉しでこしながら注ぐ。


ハーブティーとして飲んだり、うがいにも


アロマ

アロマの楽しみ方は芳香浴・アロマバス等たくさんありますが、気軽に楽しめる方法としてマグカップや洗面器を使用する 蒸気吸入法をご紹介します。


作り方


洗面器・マグカップ等に熱湯をはる。


1~3滴の精油(エッセンシャルオイル)をたらす。

蒸気を吸入する。


風邪とインフルエンザ予防にはハーブ・アロマが効果的

ハーブには種類によってさまざまな効能があり、抗菌作用や免疫力を高めるものがあります。


たとえば、ハーブから抽出された精油:ユーカリ・ラディアタには抗ウイルス作用があり、インフルエンザウイルスを感染させる前にユーカリ・ラディアタを予防として、

香りを吸引することで 予防になります。


気持ちもリフレッシュしながら日々の体調管理にもおすすめです。




特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square